飲食業界にお勤めの方が別の業

飲食業界にお勤めの方が別の業界で仕事に就くのは厳しいです。

一般的に労働条件が悪い傾向にある飲食業界では過酷な環境で働かなければならないという人がたくさんいて、不安な将来を思い描くようになり、別の仕事を探し始める場合も少なくありません。病気を抱えてしまうと、転職はできなくなってしまいますから、転職に挑むのであれば早めに行動しましょう。会社を変えようと求人に応募したら、好印象を与えられるような風貌でポジティブシンキングを実践している人のように動きましょう。

尋ねられると予想されることはだいたい同じようなことですから、シナリオを書いておいて、きっぱりと説明できるよう心得ておいてください。

頭が真っ白になったり、嫌悪されるような表現は避けましょう。

貫禄のある態度でのぞみましょう。

転職時に必要な資格は、専門職を除くと少ないようですが、持っていると有利な資格という点では、やはり、国家資格が一番のようです。

なかでも、建築・土木系の中にはたとえば建築士などがそうですが、「業務独占資格」と言われるその資格なしでは実務不可という職業が多いので、狙ってみてはいかがでしょうか。労働時間が長いからと辞めた場合は「生産性を考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいがなく辞めた場合は「新しい環境でステップアップさせたい」と書き換えると悪い印象を与えません。ネガティブな転職理由も言い方を変えれば、ポジティブなものになるのです。履歴書に書くときには、150文字から200文字程度が望ましいでしょう。転職のためにアドバンテージとなる資格もあることですし、仕事を変える前に取っておくことをおすすめします。別の分野へ転職を希望する人なら余計、経験したことがありませんから、他の志願者にはかなわないので、希望する職種に求められる資格を先に取得するといいですね。資格を持つ人全員が採用にこぎ着けられるという考えは間違いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ