ひとつの方法として、FX

ひとつの方法として、FX投資の手法の中にはサヤ取りという手法が存在しています。

サヤ取りというのは、関連性のある二つの通貨ペアの値段が開いたタイミングを狙って、片方を売却し、片方を購入することで儲けを出すという方法です。

スワップ金利を利用してサヤ取りをする投資家も存在しますがどちらの手法も要領を掴むまでは儲けを出すのは難しいかもしれません。

手始めに仕組みと注文のしかたをインプットしましょう。

外貨預金とFXの異なる部分に、元本保証やレバレッジの利用といったものがございます。
外貨預金というのは銀行へ預け入れるお金ですから、基本的には元本保証がなされます。FXではレバレッジを使うことができ、手持ち資金の何十倍以上の金額で動かしていくことが可能ですが、反対に多大な損失が発生してしまうこともあるので、ハイリスクにもなるのです。FXでトレードし始めてからは、一日に繰り返し為替の相場をチェックするようになりました。
株式市場とは別物であり、決まった時間だけでなく、24時間世界中でトレードが行われているので、気に留めだしたら止めどないですが、常に動向を確認

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ